ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ現状から考えてみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

移り行く覇権

現在、世界の覇権を握っている国は?この問いに関して、多くの人が米国の名を挙げるのではないでしょうか?しかし、世界の覇権を未来永劫持ち続けることはできるのでしょうか?それは、否でしょう。米国の前は英国のポンドが世界の覇権を握り、ポンドが世界の基軸通貨として君臨していたのです。第一次・二次の大戦の戦勝国でもあり、経済的な疲弊も最小限に止めた米国は世界中でも存在感が増し、米国の通貨ドルがポンドに代わり、世界の基軸通貨となったのです。基軸通貨となったドルは、世界各国へ流入していきます。(各国の通貨を売り、米国ドルを買い。)つまり、ドル高の進行です。実需ベースで、米国は必然的にドル高の道を邁進していきます。過去の大戦では、経済的疲弊が少なかった米国ですが、今回の金融危機でかなりの痛手を被りました。傷だらけの財政状態で、双子の赤字と呼ばれる財政赤字・貿易赤字を抱えながら、ドルが以前のように強いドルでいられるわけがありません。米国のドルに対する信用度が低下すれば、当然、各国は現在のドルを売りさばき、ユーロや円への配分の見直しを行ないます。すなわち、各国の外貨準備金のドルが占める割合が減ることになれば、それだけ、ドル安が進行することになるのです。相対的に、ユーロや円の価値が騰がることは、いわば世界の均衡を保つ為に必要になってきます。赤字の不均衡がドルだとすれば、黒字の不均衡は中国の人民元でしょう。人民元への切り上げ圧力を米国が強めていくのも無理はありません。両者の不均衡が是正されることで、世界のバランスが最も保たれるようになるのではないでしょうか。ただし、世界のバランスが保たれたときに米国の地位が今と同様かどうかは疑わしいことであります。
スポンサーサイト
現状から考えてみる | TB(-) | CM(-)

アンバランスの中のバランス

“アンバランスの中のバランス”どういうことかと言いますと、例を挙げれば我々、人間は利き腕というものがあります。右利きの人は食事をするときも、物を掴むときも、両腕があるにも関わらず、殆ど右腕を使います。それって、アンバランスですよね。でも、実際はバランスが取れています。両腕を均等に使うことの方が人にとって、アンバランスですよね。わかりづらい例えかもしれませんが、米国と世界経済がその“アンバランスの中のバランス”に存在していると考えます。米国は経常赤字・財政赤字と世界トップクラスの大赤字国です。では、なぜ米国はこんなにも赤字が多いのでしょうか。それは、過剰すぎる消費と貯蓄率の低さにあります。過剰消費により、国内生産で賄いきれない為、輸入に頼らざるを得ません。(ドルの流出)これにより、輸出を大きく上回る輸入により、貿易赤字が発生します。また、企業は生産性を高める為、設備投資を行います。しかし、過剰な消費をする反面、貯蓄率が低くなります。米国企業は国内から、お金を集めることが困難になり、海外に求めます。(ドルの還流①)
政府も慢性的な赤字を抱えております。政府もお金が必要になってきますが、企業同様、国内からお金を集めることができません。そこで、米国債を発行します。基軸通貨でもあり、超大国の国債は信用度も高い為、海外の投資家は安全資産として、国債を購入します。(ドルの還流②)こうして、世界は米国の金不足と世界各国の金余りという(金=ドル)アンバランスで成立しているのです。そのアンバランスも米国の信用と力強い消費に支えられています。しかし、今、その二つが揺らぎつつあります。米国の消費は度重なる金融危機と長引く不況で落ち込んでいます。
また、金融危機の震源地でもある米国の通貨価値は当然、失墜します。(ドル安)先に例えでお話した利き腕が米国であるとすれば、現在の世界情勢は、もう一方の腕であるユーロを使おうと考え始めています。
(第二基軸通貨)それが、均衡を保つ為に最良の方法なのでしょうか?
現状から考えてみる | TB(-) | CM(-)

米国の底力

米国の生活・文化・ビジネスは常に最先端をいっているように思う。


米国で認められたものは、数年後、我が国でも流行する。
世界の文化・技術の勃興もアメリカという国から始まっている。現在のような経済面での米国の疲弊。
以前にも、ドルの暴落という場面がありました。しかし、米国は復活した。前述の“最先端”によって。


以前、傷ついた米国はIT技術により、見事に復活を遂げた、ITバブルと言われる程の活況ぶりで、マイクロソフト・ヤフー・グーグルなど、名前を知らない人はいないくらいのメガカンパニーを生み出している。
立身出世・まさにアメリカンドリームを体現してきた。不死鳥のごとく力強さをもった、そんなお国柄である。


どんなに傷ついても世界のリーダーであることには、揺るぎがない。


影響力という意味では世界に並ぶものなき大国である。インドやベトナムなど第二群に属す新興国への技術提供や産業復興など米国のチャンスは今後の世界情勢でもチャンスがある。


それは、世界的な公用語としての英語の認知もある。
言語・文化の中心であり続ける限り、多少翳りの見える経済状況であっても米国の地位はそう揺らぐことはないようにも思える。


世界の覇権争いに加わるのは、中国か?ロシアか?EUか?経済の中心は将来、アジア圏に移ることは間違いないが米国の底力を持ってすれば、一時的な通貨安を今後も経ながら、基軸通貨としての地位を守り続けるかもしれない。

現状から考えてみる | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。