ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ2011年現状

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2011年2月世界情勢からの現状

2011年世界はチュニジアから反政府運動の火の手が上がった。
この政変を皮切りに中東情勢に激震が走る。中東の盟主とも言える存在であるエジプトにも波及した。
市民の溜まった不満は一気に噴きあがった。では、この政変が世界に、そして基軸通貨体制にどう影響していくのか?
有事のドル買いと言われるように、政変が起こった時、米国通貨は上昇する。それは、世界の覇権国がアメリカであるという前提に
立っている。米国通貨は安全資産なのである。では、影響力が弱まっている今はどうだろう。中東周辺はアメリカの同盟国が多い。それゆえ、ドルペッグ体制を採っている国も少なくない。2011年世界の力の均衡が崩れれば、同様にドル基軸の力も瓦解する。既に米国通貨は病魔に蝕まれるがごとく力を落としてきているのである。

だが、米国通貨の没落に伴い、それに採って代わることのできる通貨が世界には存在しない。
第二基軸通貨として期待されるユーロに関しても財政赤字・統合国家ゆえの問題で不安定である。
単独通貨で米国通貨に代わる通貨がないが為に米国通貨が基軸通貨としての役目をこの2011年も果たすことになるだろう。
しかし、引き続き軟調に推移することだろう。それは、米国の輸出促進政策・中国人民元の切り上げ・そして今回の中東諸国の政変により、暴落の材料は十分に揃っている。通貨安戦争と言われた昨年の流れを2011年も引き継ぐことになりそうだ。2011年は世界を駆け巡る溢れた米国通貨の行先が商品相場を高騰させ、我々一般市民にも影響が及ぶことだろう。その市民の不満が爆発したのが、先の中東政変である。暴落の影響はこんな形でも表れているのである。
スポンサーサイト
2011年現状 | TB(-) | CM(-)

いましばらくお待ち下さい

現在記事を執筆しております。今しばらくお待ち下さい。
2011年現状 | TB(-) | CM(-)

地震の影響2011年3月

2011年テクニカルチャート分析のエリオット波動理論から読むと、2007年6月のドル円を天井とした長期ダウントレンドが終焉を
迎えるという。それは、1995年4月につけた79.79円を下回る価格であるという。予想通りドルは大暴落。
そのきっかけは日本の大地震という未曾有の大災害が呼び水となりました。災害の影響で日本の生保が大量にドルを売り円転するという憶測とともにヘッジファンドが地震という地政学リスクを材料に投機を仕掛けた為である。

日本は地震という大災害と円高という経済的な被害を被る結果となってしまいました。
奇しくも、前回のドル円史上最安値をつけたのは、阪神大震災の起こったときでした。
しかし、テクニカル的にはこれで、長らく続いた長期ダウントレンドは終焉し、円高から円安へとシフトされるのではないかというのが大方の予想である。

しかしながら、ドルが強くなるわけではなかろう。
米国の盟友である日本が株安・円高に加え、地震による大災害まで加わり、満身創痍の状態になってしまった。
この地震の影響で日本が再起するには十数年の年月がかかると言われる。
この状況を経済的に支援するのが円安になるかもしれない。ドル安・円安で益々、欧州通貨や資源国通貨であるオセアニア通貨の価値が騰がるであろう。また、中国の人民元も高騰していくだろう。
この地震をきっかけに世界の勢力図がまた、改めて塗り替えられるきっかけになることだろう。
2011年現状 | TB(-) | CM(-)

2011年6月現状

米国FRBのQE2(量的緩和政策第二弾)が6月末を持って終了します。
国家による国債買い支えでドル資産が市場に急増。その影響で貴金属や原油などの商品(コモディティ)価格が急騰したことは記憶に新しいところです。NYダウ株価はリーマンショック以前の水準まで回復を見せました。 しかし、順調に米国経済が回復しているかと言えば、そうとは言えません。最近の米国の経済指標は軒並み予想を下回り始めているのです。6月末でQE2は一旦、終了しますが、金融引き締めに政策の方向転換を試みるのは大きなリスクとなります。
よって、6月以降、金融緩和政策が名目上終了したとしても、しばらくの間は引き続き金融緩和の方向になろうかと思われます。FRBによる国債買い支えは6月を持って終了する為、一時的ではあるが、ドルが暴落する可能性も否定できない。
市場に溢れたドル札を回収できない以上、再び行き場を失ったドル札は商品市場に流れ込む可能性もある。 場合によっては、6月以降にQE3が実施されることも十分に考えられる。
未だ米国の経済状況・ドル安は世界経済に影響を与え続けるであろう。
円は大震災直後に戦後最高値を付け、そこから反転し、円安に向かっているが、未だ80~85円のレンジを越えられない。
日本も経済リスクを抱えた状態でドル安による円高が解消されない。
米国が金融引き締め政策に転換することで、ドル高による円安が作用し、日本の経済状況も多少は恩恵を受けよう。
2011年現状 | TB(-) | CM(-)

2011年7月現状

市場はドルとユーロのせめぎ合いが続いているが、7月も同様に続くのかというところが焦点である。
QE2終了の6月まではドル安トレンドと言える流れであった。ドルの金利も低下が続き、各国の通貨高が際立っている。

しかし、6月下旬にドルの金利低下がピークアウトしたのではないかとも見える。7月はこの流れがドル高に転換する機会となるかもしれない。6月をもってQE2は終わり、米国の経済指標も軒並み予想を上回り始めた。
利上げの可能性は極めて低い米国であるが、ユーロに関しては、既に利上げ観測をほぼ織り込んだように思える。

7月上旬の米国の重要指標次第では、ドル高トレンドへの回帰の転機となるだけの材料が整いつつある。
また、ドル円に関しては、値動きが一定のレンジ相場が長く続き、いつ価格が大きく跳ね上がるか注目されるところである。
かなりの時間をレンジで行き来しており、相場を動かすエネルギーがかなり蓄積されていると見える。
7月は強いドルへの回帰が有力に見えるがどうであろうか。7上旬の各国通貨の動きに注目していきたい。

過去の相場においても7月はドル高に分があるようだ。しかし、相場に絶対はないだけに方向性は見出しにくい。
ユーロ諸国の債務問題の話題が下火にならなければ、ユーロはしばらく最弱通貨となるだろう。
その反動でドルが最強通貨となることも考えられる。7月は調整期間としてのドル高相場への移行となるかもしれないが、それは次なるドル暴落の為のエネルギーの蓄積期間であるかもしれない。

2011年現状 | TB(-) | CM(-)

アメリカ債務不履行

ドル売りはQE2が終了した今も止まらない。
依然、アメリカは瀕死の状態が続き、ドルは商品市場へ流れている。その為、金や原油は上昇トレンドを描きながら、今もなお高騰を続けている。世界的に見たとき、アメリカだけが満身創痍なのか?というとそうではない。
EUはギリシャそしてスペイン・ポルトガル・イタリアを始めとした債務超過国を抱え、中でも優良なドイツやフランスは尻拭いに追われる始末である。
同盟国の日本は長期間にわたるデフレが続いている上、大震災の影響から経済の復調は見られない。そんな世界情勢の中、アメリカでは8月2日に債務上限を迎えてしまう。
この上限を引き上げなければ、アメリカは債務不履行に陥り、格付け会社からは米国債の格下げが起こり得る。

この事態は2008年のリーマンブラザーズの破産を上回る市場インパクトとも言われています。リーマンブラザーズ破産によって、高騰を続けていた資源や資源国通貨は大暴落となり、市場に出回ったドルが一斉に巻き戻され、ドル高が進みました。
市場の流れが当時と似通っているよう感じられます。

アメリカを軸とした世界経済の構造が揺らげば、世界恐慌の再来になり兼ねません。
景気は再び冷え込み、日本の円に関しては、更なる円高を招き長期円高の負のスパイラルから抜け出すことが困難になってしまいます。
債務上限引き上げで、アメリカ国内の政府と議会で対立が続き、最悪の事態回避に向かうことができるのか、注目されます。

2011年現状 | TB(-) | CM(-)

米国初の国債格付けダウングレード

ドルは各国通貨に対して、ここまで下落トレンドに沿うかたちで暴落してきた。
円は東日本大震災直後に付けた史上最安値をさらに更新することになった。ドルが最弱通貨としてマーケットでは売り浴びせられていた。結果的に反動として、安全通貨であるスイス・円が高騰することになった。

しかし、8月~9月にかけて、トレンドに変化が見られてきた。
きっかけは、米国初の国債格付けのダウングレードという不名誉な歴史を作ってしまったことに端を発する。この事件を契機にNYダウが暴落。3年前のリーマンショックを彷彿とさせるほどのショックであった。当時もそうであったように米国の株価の暴落と共に、投資資金の巻き戻しが始まった。
今まで暴落を続けていたドルが買い戻され、ドル高に向かっている。世界景気の二番底の懸念が台頭し、再び、世界金融危機の再来を連想させている。今回は、先進各国の債務危機に発展しそうな勢いだ。

我が国は世界一の借金国であるが、その9割が国内投資家ということで、安全性は確保されているが、PIIGSを筆頭にEU加盟国のいくつかの国が債務危機に陥っている。米国も規模としては欧州の危機国と何ら変わりはない。
リーマンショックの発生も2008年の9月である。もしかしたら、本年の9月もマーケットがクラッシュ相場に見舞われるかもしれない。金融緩和策も9月以降、FRBより出される可能性はある。しかし、実体経済へ波及が広がれば、景気二番底・リーマンショックの再来は避けられないかもしれない。9月はドル資金の逆流を呼び起こすかもしれない。

2011年現状 | TB(-) | CM(-)

債務懸念の主役であるユーロ

8月の米国の格付けのグレードダウンをきっかけにドルの下落トレンドの流れが終息し、9月~10月にかけてドル反発の上昇トレンドに回帰した感がある。それはコモディティ市場にも見られる。史上最高値をつけた金価格も下落スピードに加速がつき、急速にドル資金回収の巻き戻し現象が始まっている。
10月もその流れは収まりそうもなく、NYダウも下落を続けている。

このマーケットの動きはリーマンショック時の動きに酷似している。世界経済二番底へ確実に向かっているように思える。
リーマンブラザーズ破綻の時のような大きなインパクトがあれば、マーケットは一気に崩壊しそうなくらい不安定な状態である。
10月はそういった意味では大きなインパクトが発生しかねないファンダメンタルズの状況を抱える。
それは、未だにもがき続けるEU加盟国の債務問題であろう。沈静化していた欧州債務懸念は再燃を繰り返し、10月中にもギリシャのデフォルトが現実味を帯びてきている。ギリシャがデフォルトとなれば、他のPIIGS諸国も同様にデフォルトに陥るのではないかと、リーマンショック時のように金融が麻痺した状況になり、マーケット全体が疑心暗鬼になってしまう。

10月は今以上にここまでの投機的なマネーが逆流する可能性を秘める。特に債務懸念の主役であるユーロは大暴落必至だ。ユーロ崩壊・そして盟主ドイツのEU離脱によるマルクの復活。10月は世界経済の大きな転換点となるかもしれません。

2011年現状 | TB(-) | CM(-)

ギリシャのデフォルト回避

10月~11月は欧州債務危機による、再度の世界大恐慌の懸念から、売られ続けていたドルが有事のドル買いとも言える、キャリートレードの巻き戻しが主流だった。
しかし、以前、欧州債務危機は継続中でありながら、ギリシャのデフォルト回避という目先の大事件に発展しなかったことから、再びドルは売られることになった。
11月を迎える寸前にユーロは売られ続けた分の半値以上を取り戻すことになった。
しかし、11月以降も世界経済はまだ、この欧州債務危機に悩まされそうだ。
世界経済が本当の危機に瀕した時は、信認が暴落していた目先の基軸通貨"ドル"は輝きを取り戻す。将来的な価値はともかく、やはり現時点ではドルに頼らざるを得ない、世界的な構造になってしまっているのだ。11月は再び、ドルの信認が高まり、投機マネーはドルへと流れ、ドルの全面高になる可能性が高い。 リーマンショック時のマーケットも同様にドルは買われ続けた。
このドル買いはドルの強さを表しているわけではない。世界各国が総崩れとなった時は、基軸通貨が一番、確実なだけである。また、ドルの低金利政策もあり、投機目的のキャリートレードも横行した分の巻き戻しも、ドル高に拍車をかけることになる。
早ければ11月はそのような流れになる可能性が高い。第二の基軸通貨と期待のあったユーロは統合通貨と異なる経済圏という矛盾と財政難による瀕死の国を多数抱える。
ドイツ・フランスという大国に委ねることしかできない今の状況でドルに代わる基軸通貨とはなりえないであろう。しかし、ドルもユーロもどちらも爆弾を抱えている。
爆発しそうになれば、弱りかけた国の通貨が売られ、また、もう一方が爆発しそうになれば、今度はそちらが売られる。言わば、通貨安がシーソーのように繰り返されるだけである。
2011年現状 | TB(-) | CM(-)

大円安時代を迎える日

9月以降の四半期の主役は欧州債務危機によるユーロがドル以上の主役となってきている。
12月以降もまだまだこの話題は尽きそうにない。なぜなら、根本的な打開策がないまま、ギリシャ・イタリアに延命策を講じている。ギリシャのデフォルトもしくはユーロ離脱のような痛みは伴うが終結に向けた具体的な対応がいずれ必要となってくるだろう。
早ければ12月に到来してもおかしくない。もしくは、来年初に早々、起こる可能性もある。一見、強いドルが戻ってきたように見えるかもしれないが、決してそうではない。

特に12月はレパトリエーションといって決算に向け、海外に投資していた資金を本国の通貨に戻す動き、つまりは、米国で言えばドル買いが発生する。
日本は多くの企業が本決算を3月に迎える為、我が国のレパトリエーションは2月~3月に発生する。2011年の前半は正にドル売りのトレンドであった。オセアニア通貨は史上最高値を更新。欧州通貨もギリシャ問題を克服したかのように、大きく上昇。
ドルは世界中のマーケットで溢れる程、流通してしまっている。
かつて、キャリートレードで円安バブルが起こった状況に似ている。
現在の序盤の円高を推し進めたのは、円売りの巻き戻しによる円買いが主流であった。
ドルも自国の強さを反映しない通貨高を今後、迎えるかもしれない。今年は通貨安戦争などと言われたいたが、12月~来年にかけては、具体的に国家破綻をする国が生まれ、そこから国力に比例した通貨安となるかもしれない。我が国も12月もしくは来年初辺りに円高局面も終焉し、国力の弱さから大円安時代を迎える日が迫ってきているのではないだろうか。
2011年現状 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。