ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ2012年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2012年1月から界恐慌2番底か?

サブプライムローン問題・リーマンブラザーズの破綻。この二つの大きな事件をきっかけに米国はリセッション入りし、まだ、大きなダメージを受けたまま立ち直ることができていない。
日本も1990年代のバブル崩壊より、続く失われた10年は更に月日を重ねている。
2010年以降続いている欧州債務危機。統一通貨の大きな懸念が最大の問題になってきた。
ユーロ圏最大の経済大国ドイツは瀕死の重債務国救済の為に、国力を削ることとなる。
この大きな問題は2011年が幕を閉じても終焉しそうにない。
2012年1月には、欧州債務危機は再燃されるであろう。
昨年~2011年前半においては、通貨安戦争と言われた中、米国はドル全面安を勝ち取った。この現象により、世界中のマーケットにドルがばら撒かれた。


2011年後半には、テクニカル要因もあり、ドルは徐々に巻き戻されつつある。
仮に2012年のいずれかのタイミングで欧州債務国のデフォルト宣言またはドイツのユーロ圏離脱など、大きなインパクトが発生すれば、マーケットにある潤沢なドル資産は安全通貨と見なされ、ドルの大暴騰が起きることになるかもしれない。 リーマンブラザーズ破綻当時の現象に似たことが1月以降、起きるかもしれない。
早ければ1月に到来してもおかしくはない。 2012年の世界経済を占う意味でも1月のマーケットの動向は注目である。
欧州債務危機が膿を出し尽くしたあと、先進国の債務危機の連鎖が起きるであろう。 英国・米国も欧州PIIGSと同じレベルの重債務国である。 そして、我が国・日本はそれら重債務国を超える、世界ワーストの重債務国である。 国債バブル崩壊が日本経済破綻のトリガーとなるであろうが、当分、先の話のようだ。 2012年1月から世界恐慌2番底が開始されるかもしれない。

スポンサーサイト
2012年 | TB(-) | CM(-)

超円高時代も終焉を迎える?

1月のFOMCで米国の超低金利政策が長期間継続するという声明が発表されました。
1月~2月にかけて、年末年始のドル高分の調整売りが入っています。
一時期のようなドル暴落に見られるフリーフォール現象は見られないが、2月初旬頃までFOMCショックの余波は続きそうだ。しかし、2月に入っても欧州債務危機は解決をみず、未だにギリシャ問題は予断を許さない。


ギリシャの後に控える重債務国、欧州を引っ張るドイツ・フランスの2強のうち、フランスの屋台骨が少々、揺らいでいる。
2012年前半は現在の膿を出し切る意味でユーロ暴落がトレンドではなかろうか。しかし、為替とはシーソーゲームであり、強いドルが復活したわけではない。欧州の債務危機が過ぎれば、次は米国であり、その同盟国の日本であろう。今や先進国のどこも豊かに見えるだけで、豊かな国などありはしないのである。借金まみれの国々ばかりである。


基軸通貨のドルが崩落するにはまだまだ時間がかかりそうである。
2月は調整期間でドルが下落傾向であろう。その間、長らく続いたドル円が大底をつくかもしれない。現在も鳴かず飛ばずの外国為替市場から蚊帳の外の状況が続くドル円相場であるが、もうそろそろ超円高時代も終焉を迎えそうだ。
それが、2月かそれ以降であるかはわからないが、大底が近づいていることは間違いなさそうだ。貿易収支も遂に赤字へ転落した我が国が長期の円高に耐えることは難しくなってきている。


市場では、第二のリーマンショックが近づいているという噂があるが2月はどうであろう?

2012年 | TB(-) | CM(-)

2012念3月最弱通貨のユーロ

今年に入ってもギリシャ不安を引きずるユーロは最弱通貨として、下値を拡げた。
第二基軸通貨の弱体化で必然的にドルは高騰する流れとなった。


しかし、2月に入り、ドルの低金利の長期化が示唆されることで、ドルは再び下落することになった。だが、トレンドとしては、ドル暴落という流れは続きそうもない。
このドルの下落も3月初旬を目途に終息し、再びメイントレンドへの回帰がされるであろう。2012年3月は再びユーロを中心とした、為替相場が展開されそうである。


2月末から3月に入り、最も注目されるのが、日本の円である。
長期円高トレンドが終焉を迎えたようにも見え、ドルが高騰してきている。
日本の量的緩和の復活や本格的なデフレ対策など、中央銀行の対策が功を奏している。


3月はドル円がドルを押し上げる要因を作る可能性がある。
米国の株式市場もリーマンショック時の株価を上回り、現在は米国のマーケットは堅調を維持しているようにも見える。ギリシャ不安は一服しているが、再び再燃するのも時間の問題である。打開策を見出せないギリシャが早々にデフォルトするリスクも燻る。
連日のように欧州の格付けが下げられる中、地に堕ちた欧州の再建が2012年のテーマである。米国も嵐の前の静けさであるだけで、昨年の夏にあった、追加の米国債格下げもないとは言い切れない。


3月から再び始まるだろうユーロの暴落をきっかけに現実的な欧州再建へと繋がるかもしれない。


2012年 | TB(-) | CM(-)

4月のマーケットの主役

4月で2012年の四半期が終わるが、米国の体力はまだ、かつてのように世界各国を支えられる程の回復は見ることができない。
3月~4月にかけて、ややドル安にマーケットは傾いているように見える。
しかし、現在、4月のマーケットの主役は欧州の重債務国であり、今はややその主役たちが沈静化しているにすぎない。根本的な原因は解決できていない状況である。
4月以降、欧州重債務問題が市場を騒がし、危機の再燃が叫ばれる可能性が出てくる。
4月はフランス大統領選があり、影響力の高い大国フランスそしてサルコジ大統領の去就も注目を集めるところである。現在、米国は欧州の陰に隠れているので、短期的にはドル高にベクトルが向く可能性が高い。冒頭にも触れたが、決して、米国の経済状況が改善に向かっているわけではない。欧州債務問題が片付けば、市場は第二のギリシャを探すことになろう。
次のターゲットが米国なのか?英国なのか?日本なのか?それは、誰にもわからない。
だが、どの国が破綻を騒がれても破綻の可能性は否定できないであろう。
米国はいずれQE3に踏み切り、再び大暴落の材料をFOMC自ら投入することになろう。
その時期はわからないが、そう遠い話ではないように思える。
しかし、今年は4年に一度の大統領選挙である。
年後半~来年初はNYダウ株高・ドル高の流れになることが予想される。
ドルは大暴落に備え、今年中はエネルギーを溜める年になるのだろうか?
現在、主役の欧州は米国の凋落の前座でしかないのかもしれない。
2012年 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。