ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップドル暴落と日本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富国強兵

国力とは言うならば経済力・政治力・軍事力でしょう。米国はその全てが世界一と言える国家であると思います。通貨の信用に支えられたドルは財政赤字でありながら、絶大な信用力で基軸通貨として世界中にドルはばら撒かれています。しかし、その信用が揺らいでいます。
通貨の信用の失墜が始まれば、経済の衰退が始まり、政治力・軍事力も追随するかのように低下していきます。
歴史を紐解けば、実に同様のケースで没落した国家は世界中に無数にありました。今、米国も同じように朽ち果てていくのでしょうか。軍事力の低下=平和という図式が成り立つのかは、よくわかりません。米国にとって変わる国が富国強兵の国家を築いてしまえば同じことです。
日本は富国になりましたが、強兵に関しては米国に依存していました。
経済大国筆頭となりはしましたが、先に述べた政治力・軍事力は先進国の中でも低く、米国の影に隠れていたに過ぎません。将来の世界経済を牽引するだろうと言われている中国にしろ、インドにしろ日本も同じアジア圏の国々です。中世、世界の中心は西欧諸国でした。西欧諸国の衰退に伴い、覇権は海を渡り、米国に舞い降りました。その覇権は次の時代は、更に海を渡りアジアの地に降り立つことでしょう。そのとき、日本は米国の同盟国として、共に凋落していくのか、アジアの一員として、時代の寵児になるのか。
ドル暴落と共に日本は今、どちらに進むべきか岐路に立たされているのです。
スポンサーサイト
ドル暴落と日本 | TB(-) | CM(-)

続くドル安

前にも当ブログで触れた内容ですが、現在、為替相場のトレンドとしてドルが最弱通貨となっております。
この流れを人為的に食い止めることができるのかどうか?
確かに輸出企業の多い、日本としては円高は経済に大打撃を与えることになります。
世界的なリスク回避となれば、リスク回避通貨である円が買われる構図になっている。
世界は円高に期待をしている。世界第一と第二の流通を誇るドルとユーロ。共に通貨安を望んでいる。
相対的にみると、前述の二通貨が安くなれば、替わりに円の価値があがる。
テーマは日本の経済状況ではなく、米国の二番底と欧州の財政危機である。
当然、日本経済の話題で口先介入したところで、効果は見られない。
市場は日本の経済に興味はないからだ。言い代えれば、今の話題ではないからだ。
では、どうすれば今の円高・ドル安の流れが止まるのか?国際協調しかないのではなかろうか。
日本の単独為替介入をしたところで効果は目に見えている。単なる時間稼ぎにしかならない。
しかし、G7各国がこの状況を深刻に受け止めてくれるだろうか?
協調介入という荒業に加担してくれるだろうか?日本の世界的な政治力を鑑みても、可能性は低いように思える。
この危機を円安方向にすることは、不可能なのだから、政府は円高によるメリットを産業界に反映させる仕組みを模索することの方が建設的だと思われる。
今は経済力を背景にした国家の淘汰が始まっているのかもしれない。
ドル暴落と日本 | TB(-) | CM(-)

ドル長者

日本は財政赤字において、世界一である。よく言われる国民一人当たりの借金が700万という国家存続が危ぶまれてもおかしくないような状況である。しかし、市場の目はどうして米国や欧州に向くのだろうか?
それはひとつに対外債務の少なさであろう。簡単に言えば、国民や国内の金融機関から借金はしているが、諸外国からの借金が極めて他国と比べて少ないのである。対外債務が多ければ、今回のギリシャ危機のような状況が発生したとき、債権国はお金を引き上げてしまう。日本はこのような状況が起りにくいと言える。
そして、世界一のドル長者と呼ばれるくらい、ドル保有比率が多い国である。
基軸通貨であるドルが安泰ならば、ドルをいくら持っていようが問題はない。
むしろ、安心ですらあります。一度、今回のような米国を震源地とした世界不況が発生した場合、ドル安で一番損をするのはドル保有が著しく多い国である。ドルの価値が目減りすることで、時価の評価額も落ちていきます。
ドルを保有することのリスクを考えれば、ドル以外の通貨であるユーロや円にドルを振り替えていく。
その現象がユーロ高・円高に繋がっていく。中国などはドルの保有比率を見直し、リスクをヘッジする意味でユーロの比率をあげているときく。日本はどうであろうか?
米国の同盟国として、米国から資金を引き上げることなどできようか?
結局、ドル長者である日本はドル・米国と共に凋落する運命にあるのではないだろうか。
ドル暴落と日本 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。