ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ2010年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金価格と副島隆彦氏

副島隆彦氏のドル亡き後の世界では、ドルが暴落した後について副島氏の予測を元に個人投資家がどのような対応を行うことができるかについて書かれている。そこで興味深いのはやはり実物資産(タンジブル)についての言及。
実物資産(タンジブル)の代表とも言われる金を購入することに関しての記述では、金価格は強いドルを維持すべく先物取引で金価格が今後引き下げられると予測しつつも、いずれ金価格は暴騰するとしている。その理由と金価格の決定のメカニズム、買い方などは副島氏の別署「副島隆彦の今こそ金価格を買う」で記載している。これから現物資産への投資を考えている方には一読の価値があるかも知れない。
仮に米ドルが暴落すればその後、金だけでなく亜鉛、鉛、銅、アルミ、といった金属のコモディティ、非鉄金属やレアメタルも同様に上昇するという見方をしているのも興味深い。ただし、こういった商品は資産防衛のひとつとして投資対象にいれるべきで目先の上昇下落に一喜一憂するのであれば購入しない方がいいかもしれない。特に商品の値動きは極めて大きい。そのため金地金は現物で受けとり、それを家に保管しておく。と言う具合に、目先の動きではなく資産として保有した方が良さそうだ。やはり、ドルが暴落するのであれば、その代わりに上昇する可能性が高いのは金であり、それを目先の価格に惑わされずに今のうちから持っておくという方法もひとつの資産防衛であろう。様々な憶測が飛び交う中どのような投資スタイルをもつか。個人投資家の本当の意味での自己責任が問われる時代が来ているのは間違いない。
スポンサーサイト
副島隆彦 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。