ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告ドル安が続く原因

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドル暴落止まらずドル安が続く原因

ドル安が続く原因

ドル暴落が止まらない。
ドルが暴落すること、それは米ドルが大量に売られていることを意味する。


米ドルは世界の基軸通貨として特別な位置に存在する。
中国や日本を初めとする各国の外貨準備にドルが保有され、
また一見、米国とは関係ないように見える貿易でも、
その決済に用いられる通貨の大部分がドルが用いられています。


一昔前では、ドルこそが最も強い通貨と言われた時期もありましたが、
どうやら様子が変わってきたようです。


2007年にドルが高値をつけてから現在に至るまで、
ドル円の相場は長期的に下降トレンドを描き、
その大きなトレンドの流れは現在も変わる様子はありません。


【2007年以降から2010年8月末までのドル円チャート】
2007年以降のドル円チャート

いったいどこまでドル安は進むのか?
このままのトレンドが続くようだと、
史上最安値である1ドル=79円75銭に到達するのも時間の問題だと思われます。


【1994年以降から2010年8月末までのドル円チャート】
1994nen.jpg

現在、ドル安が進む原因のひとつとしてドルキャリートレードがひとつの原因だと考えられます。 キャリートレードとは、資金調達を「低金利」の通貨で行い(借りてきて)、 それを高金利の通貨に投資して利益を狙う取引方法です。


そして、「ドルキャリートレード」とは、金利の低い米ドルを借りてきて、 金利の比較的高い豪ドルに投資して運用するという取引です。


このような取引が流行ることもドル安が進む原因として考えられます。
しかし、問題はそんなに単純な話ではないようではないです。。。


ドルの暴落は今に限ったことではない。
10年程度のスパンで見たときのチャート推移から、歴史的経済的背景を考察することで暴落の理由を紐解く鍵を見つけることが出来るかもしれない。

関連サイト
ドル暴落と日本:続くドル安
ドル暴落止まらず | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。