ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告ドルとユーロの持ち合い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドルに取って代わる通貨ドルとユーロの持ち合い

ドルとユーロの持ち合い

現在の水準からドルの大幅な価値の下落は十年以上の長期的な展望ではありうることだが、 今回の金融危機における信用の失墜や後処理で急速にドル安が進むとは考えにくい。


改めて米国発の大不況による、世界への影響の度合いを結果的に知らしめることになり、 米国の存在感を再認識したともいえる。その反面、米国依存のリスクも確認できた。


では、当面は世界はこのダメージをどう回復するのだろうか。
ドルとユーロの二大基軸通貨体制になるのではないだろうか。
今まで、ドル一辺倒だった外貨準備金の比率がユーロの占める割合が増えるとすると、ドル安要因だが、市場はドルとユーロを実需で取引する為、一定の周期で上昇と下落を繰り返すのではないだろうか。


その実需からのベクトルが向いたほうに、ヘッジファンドが加速を加えるに違いないので、 ときに行き過ぎた上昇・下降もあるかもしれない。


何が言いたいかというと、ドルが強い周期のときはドルが基軸通貨として機能し、 ドルが下落し、ユーロが強いときはユーロがドルに変わって基軸通貨の機能を果たす。


将来的にこの二大通貨を凌ぐ通貨がでないとも限らないし、
IMFが提唱するSDRのような通貨が主流になる可能性も捨て切れません。


しかし、現状を考えるとこの二大通貨体制というのがもっとも現実的なのではないでしょうか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。