ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告為替操作と暴落回避

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドル暴落止まらず為替操作と暴落回避

為替操作と暴落回避

人為的な為替操作として国家が介入するケースは今でも少なくない。
かつて、日本でも為替操作(介入)に対して積極的であったときがあった。


しかし、現在、為替介入に対してはかなり消極的な態度になってきている。
それは、経験則による効果を知っているからであろう。


2010年のユーロ大暴落に対して、スイス中銀が繰り返し介入を行なってきた例をみても、
一時的に効果は見られたが、戻り売りの集中砲火を浴び、結局、市場の流れを変えることはできなかった。


では、ドル安が進むことで、他国が介入に今後、更に踏み切るかということだが、
介入しようが、しまいが結局、ドル安の流れを変えることはできないという結論に落ち着く。

為替は市場が決めることであり、人為的な方法で為替操作をするということは不可能である。
各国が足並み揃えての協調介入やG7やG20での協調口先介入。


全ての手を尽くすことができれば、ヘッジファンドは震えあがり、短期的なトレンド転換もあり得なくはないが、米国の財政危機を好転させるには、少なくとも通貨安が必要である。


それがわかっている米国が自国の通貨安(ドル安)を見て見ぬ振りをするだろう。
米国のスタンスがドル安歓迎である以上、介入によるドル暴落は100%ストップできないと言い切れるのではないか。


今後の各国の為替介入への姿勢に注目したい。

ドル暴落止まらず | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。