ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富国強兵

国力とは言うならば経済力・政治力・軍事力でしょう。米国はその全てが世界一と言える国家であると思います。通貨の信用に支えられたドルは財政赤字でありながら、絶大な信用力で基軸通貨として世界中にドルはばら撒かれています。しかし、その信用が揺らいでいます。
通貨の信用の失墜が始まれば、経済の衰退が始まり、政治力・軍事力も追随するかのように低下していきます。
歴史を紐解けば、実に同様のケースで没落した国家は世界中に無数にありました。今、米国も同じように朽ち果てていくのでしょうか。軍事力の低下=平和という図式が成り立つのかは、よくわかりません。米国にとって変わる国が富国強兵の国家を築いてしまえば同じことです。
日本は富国になりましたが、強兵に関しては米国に依存していました。
経済大国筆頭となりはしましたが、先に述べた政治力・軍事力は先進国の中でも低く、米国の影に隠れていたに過ぎません。将来の世界経済を牽引するだろうと言われている中国にしろ、インドにしろ日本も同じアジア圏の国々です。中世、世界の中心は西欧諸国でした。西欧諸国の衰退に伴い、覇権は海を渡り、米国に舞い降りました。その覇権は次の時代は、更に海を渡りアジアの地に降り立つことでしょう。そのとき、日本は米国の同盟国として、共に凋落していくのか、アジアの一員として、時代の寵児になるのか。
ドル暴落と共に日本は今、どちらに進むべきか岐路に立たされているのです。
ドル暴落と日本 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。