ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告アメリカがかかえる潜在的ドル安の可能性

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> 暴落の可能性について考えてみるアメリカがかかえる潜在的ドル安の可能性

アメリカがかかえる潜在的ドル安の可能性

ドル暴落の可能性を考える上で、
基軸通貨を保有するアメリカならではの浪費体質からその可能性を探りたい。


そもそもアメリカという国は国家も国民も大量消費のお国柄である。
国民は今回の住宅バブルでサブプライムローンという一見、お得そうなローンで借金返済を先送りにし、価格が高騰した不動産に更なる担保を入れて、借金を膨らませ、そのお金を消費した。


国もイラク・アフガンなどへ派兵。相変わらず、軍事を背景にした国家姿勢は世界大戦が半世紀も前の話であるのに、変化が見られない。軍事は何より金がかかる。これも全て国民の負担である。


かの有名な孫子は兵法書の中でも勝算の低い戦争や戦争の長期戦は国家・国民を疲弊させるだけであって、優れた君主はそうあるべきではないと言っている。


アメリカはまさに名君にあらず、の国家運営をしている。


そして国民は知らず、知らずのうちに自分自身と国家の借金を背負わされているのである。
軍事費は概ね、国債に頼り、国債は大量に売られる。結果、ドルが世界中にばら撒かれるのである。


基軸通貨なのだから、世界中で使うことができるし、問題ないのではないか。と思うが、手元にあるドルを自国通貨に換金するのか、ドルをそのまま取引通貨として使用するのかわからないがどちらもドルを売る(ドル安)行為であることに変わりない。


大量に余ったドルは取引をするたびにドル安となり、通貨価値が低下していく。 基軸通貨ゆえのドル余り、国民の大量消費による輸入量増大による貿易赤字。国内からドルがどんどん流出する構造が改革されなければ、潜在的なドル安の可能性(リスク)が常にあるということである。


さらにドルを持つことが、各国の不利益なこととなれば、ドルを手放し、市場が混乱の中、ドル暴落という結末を迎えるシナリオ(可能性)が未だ存在していることを忘れてはならない。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。