ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

続くドル安

前にも当ブログで触れた内容ですが、現在、為替相場のトレンドとしてドルが最弱通貨となっております。
この流れを人為的に食い止めることができるのかどうか?
確かに輸出企業の多い、日本としては円高は経済に大打撃を与えることになります。
世界的なリスク回避となれば、リスク回避通貨である円が買われる構図になっている。
世界は円高に期待をしている。世界第一と第二の流通を誇るドルとユーロ。共に通貨安を望んでいる。
相対的にみると、前述の二通貨が安くなれば、替わりに円の価値があがる。
テーマは日本の経済状況ではなく、米国の二番底と欧州の財政危機である。
当然、日本経済の話題で口先介入したところで、効果は見られない。
市場は日本の経済に興味はないからだ。言い代えれば、今の話題ではないからだ。
では、どうすれば今の円高・ドル安の流れが止まるのか?国際協調しかないのではなかろうか。
日本の単独為替介入をしたところで効果は目に見えている。単なる時間稼ぎにしかならない。
しかし、G7各国がこの状況を深刻に受け止めてくれるだろうか?
協調介入という荒業に加担してくれるだろうか?日本の世界的な政治力を鑑みても、可能性は低いように思える。
この危機を円安方向にすることは、不可能なのだから、政府は円高によるメリットを産業界に反映させる仕組みを模索することの方が建設的だと思われる。
今は経済力を背景にした国家の淘汰が始まっているのかもしれない。
ドル暴落と日本 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。