ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ドル長者

日本は財政赤字において、世界一である。よく言われる国民一人当たりの借金が700万という国家存続が危ぶまれてもおかしくないような状況である。しかし、市場の目はどうして米国や欧州に向くのだろうか?
それはひとつに対外債務の少なさであろう。簡単に言えば、国民や国内の金融機関から借金はしているが、諸外国からの借金が極めて他国と比べて少ないのである。対外債務が多ければ、今回のギリシャ危機のような状況が発生したとき、債権国はお金を引き上げてしまう。日本はこのような状況が起りにくいと言える。
そして、世界一のドル長者と呼ばれるくらい、ドル保有比率が多い国である。
基軸通貨であるドルが安泰ならば、ドルをいくら持っていようが問題はない。
むしろ、安心ですらあります。一度、今回のような米国を震源地とした世界不況が発生した場合、ドル安で一番損をするのはドル保有が著しく多い国である。ドルの価値が目減りすることで、時価の評価額も落ちていきます。
ドルを保有することのリスクを考えれば、ドル以外の通貨であるユーロや円にドルを振り替えていく。
その現象がユーロ高・円高に繋がっていく。中国などはドルの保有比率を見直し、リスクをヘッジする意味でユーロの比率をあげているときく。日本はどうであろうか?
米国の同盟国として、米国から資金を引き上げることなどできようか?
結局、ドル長者である日本はドル・米国と共に凋落する運命にあるのではないだろうか。
ドル暴落と日本 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。