ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告ドル暴落説の震度

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドル暴落説ドル暴落説の震度

ドル暴落説の震度

ドル安という流れについて考えてみれば、今に始まった事態ではなさそうに思われる。 暴落という下落の流れに加速を付けたのは言うまでもなく、米国のバブル崩壊であり、サブプライム問題・リーマンの破綻などである。


ドル暴落の震度はリーマンの破綻のニュースでピークを迎えることになった。


その後、余震はありながらも、一時期は米国の早期利上げ観測までマーケットで上がるほどの順調な回復を果たした。 しかし、経済対策というカンフル剤が切れると共に再びドル暴落の激震が訪れるのではないかという"景気二番底"への恐怖心にマーケットは駆られた。一番底が米国のバブル崩壊だとすると、二番底は米国の財政赤字問題になるのか?


ドル暴落の第二の激震の被害を避ける為、マネーの逃げ場を探し始めた。結果的に群集心理が働き、ドル安へベクトルは傾き始めた。ユーロは中途半端な形でドル安に付き合うことになり、不本意なユー高を招いてしまっている。 同盟国の日本も同様にドル安ゆえの円高に見舞われた。


このようなドル全面安の様相はドル暴落の震度を激化させる。 ドルの換金が続き他国通貨・コモディティに流れ、次々と史上最高値を更新していく。


過剰なドル供給(ドル買い)のアンバランスから生じるドル売りの巻き戻しは、世界のバランスを取り戻す為に長い経済の周期の中では必要なことなのかもしれません。

ドル暴落説 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。