ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告米国の支配力低下によるドル暴落と対策

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドル暴落対策米国の支配力低下によるドル暴落と対策

米国の支配力低下によるドル暴落と対策

米国の支配力低下によるドル暴落と対策は今まで米国に依存していた国家の中央銀行は深刻な問題と捉えていることだろう。


リーマンショック以降の世界不況による米国の支配力低下は顕著であり、一時期の隆盛と権力は影を薄めている。 経済を立て直す為には米国政府自らドル札を刷り市場へ供給せざるを得ない。 過剰供給されたドルの価値が米国の支配力の低下と比例しながら暴落するのは当然である。 そして価値が下がり続け、信認の低下が顕著となればドル資産を持ちたがらなくなります。


米国の支配力低下→ドル暴落→ドル離れという構図は必然である。では、どうすればいいのか? 米国の支配力低下によるドル暴落と対策はないのか?


世界中が米国の重体を看病しなければならないのではないか。
スポーツで例えればチームのキャプテンであり、エース級のプレイヤーが長期離脱したと言えばよいか? エース不在のチームは皆で支えるしかない。米国に次ぐ実力のあるユーロ統一国家。 米国の親友・日本、そして仲は決して良くはないが隠れた実力を潜めるロシア、成長著しいルーキー・中国などなど。 G20というチームではないだろうか?ドルの支配力低下によってドルが暴落しようが、結局は米国依存である世界の体制は変わることはできない。


しかし、重体から完治した米国は以前のようなエースでもなく、支配というより共生を重んじるキャプテンシーを発揮するタイプへ変貌するかもしれませんね。

ドル暴落対策 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。