ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告ドル暴落と日本への影響

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> 影響はどの程度あるのかドル暴落と日本への影響

ドル暴落と日本への影響

サブプライム以降、ドル円相場は2007年6月の124円を最高値として、対円では、右肩下がりでドルが下落続けている。不況=円高という構図が定着してきてしまいました。


輸出立国である日本企業は為替差益で儲けてきた。 それは、大金持ちである日本国が、自国通貨の円を売り、対価としてドルを買い続けてきたからである。


日本の外貨準備金のドル比率は中国と並ぶ二頭である。 日本のようなドルのお得意先がいることで、米国は過剰にドルを発行し続け、ドルの飽和状態を世界中に作り出してしまった。


金余りから、発生した現象と言えばそうかもしれないが、それは実際の国家・通貨の実力を反映しておらず、虚構・・・いや、これも実体以上のものとして見えてしまうバブルと言った方が良いかもしれない。近年の金融危機によって、ドルの実力以上の力に世界中が依存してきたことに気付いたのかもしれない。 そのバブルの手助けをしたのも、日本である。ドル暴落と日本の影響は密接な関係になっているのだ。


巨額の資産をドルに変え、虚構を作り続けたツケである。それがドルの暴落による日本への影響となるところである。ドル暴落と日本への影響・・・。まさにそれは国民の資産が消えてしまう時である。また、輸出立国の日本企業は立ち行かなくなる。


そして、ドル高を支えてきた日本はドル安の波を支えきれずに、米国がドル安の利益を享受する為の踏み台にされてしわないだろうか。米国との一蓮托生はもういいのではなかろうか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。