ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告金価格の暴騰とドル暴落

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> 金価格との関係金価格の暴騰とドル暴落

金価格の暴騰とドル暴落

ドルの暴落と相反するように金価格は暴騰を続けている。


どうしてドル暴落によって、金価格が暴騰するのだろうか?理論は簡単である。基軸通貨としてドルを大量に刷り続けた結果であり、そして先の金融危機で各国は麻痺しかけた世界経済をドル供給と言う形で最大のピンチを乗り越えたのである。 しかし、過剰供給されたドルの行き場がなくなった。


需要より供給が上回れば、適正な価格まで下落をすることは自然な流れであります。 ゆえのドル暴落です。しかし、株や為替では投資先が見当たらない。


現在の世界景気を支えてるのも、中国・ロシアを中心として新興国である。 新興国は自国の発展の為、資源を求めている。ここに需要と供給のバランスポイントが見つかったのである。 溢れたドルの奔流である。流れ出したマネーは金価格を暴騰させた。


これに各国が保有する外貨準備金のドル構成比の見直しが入り、ドルは更に売られることになり、ドル暴落に拍車がかかるのであった。しかも米国は世界一の"金”持ち国家。


自国通貨安によるメリットを享受したかと思えば、今度は極度な高騰に価格が延びきった金価格に対して、金を売却していく。米国に取っては、非常に都合の良いシステムである。


暴騰と暴落と言う相反する状況であるが、米国に取っては金の暴騰・ドルの暴落どちらを取ってみても高い国益なのである。金の暴騰とドルの暴落。このトレンドを作り出しているのは、実は米国なのではないでしょうか?

金価格との関係 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。