ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告著名投資家のドル暴落シナリオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドル暴落シナリオ著名投資家のドル暴落シナリオ

著名投資家のドル暴落シナリオ

G・ソロス。この著名投資家の名前は新聞紙上やニュース等でも聞いたことがあるのではないでしょうか?
この著名投資家の言葉はマーケットへの影響力を有することもあり今後の参考になるのではなかろうか?

このソロスの説くところ、為替相場の方向は各通貨の資金供給量で決まるということである。
俗にソロスチャートと呼ばるそうだが、この著名投資家のドル暴落シナリオが現実味を帯びている。

リーマンショックによる世界不況により、FRBはかつての日銀同様、ゼロ金利・量的緩和に踏み切った。
この時、主要国の殆どが金利を限りなくゼロに近づけメジャー通貨は現在も金利差という面では大差がない状態である。
危機を乗り越える劇薬として使用してしまった量的緩和によるドルの大量供給。
この劇薬の副作用が今後、世界経済が立ち直るにつれドル安という形で表れるでしょう。
気付いたら世界中にドルがばら撒かれていた。ドルがじゃぶじゃぶに溢れているのです。

著名投資家のドル暴落シナリオは1ドル=50円。
これを額面通りに受け止めるわけにはいかないが、相当なドル安圧力である。
特に円に対しては、ドル全面安の円高とクロス円主導の円高。
進んでも引いても円高みたいな状況が起こります。

この著名投資家のドル暴落シナリオも現在の相場環境を鑑みると、まさかと思ってしまう。
いったい、ドルという通貨の行き着く場所は一体、どこなのでしょう。
ドル暴落シナリオ | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。