ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告現実的なドル下落シナリオ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> ドル暴落シナリオ現実的なドル下落シナリオ

現実的なドル下落シナリオ

基軸通貨であるドルは世界で唯一、共通通貨としてグローバル化した現代で使用が可能である。経済の世界では殆ど国境と言うものが存在しない。

その中でひとつの通貨での取引に無理があるのではないだろうか。
しかし、現実はドルでの取引が続いている。
世界はまだまだドルに依存しているのである。

ドルへの脱却が徐々に進んでいるのだろうが、このスローペースなドル離れが現実的なドル下落シナリオではなかろうか?米国の基軸通貨としての君臨する為の体力は既になく、その体力の回復を待ちつつも、将来的にはドルに依存する通貨体制を変えなければならない。現実的なドル下落は緩やかなウェーブを描く形が理想ではある。

しかし、現実は、市場に君臨するヘッジファンド等の影響で暴騰・暴落の場面も少なくない。
各国首脳からの口先介入により、緩和することもあるが、一度、一方向に向いたエネルギーは時として、行き過ぎることもある。だが、相場の格言にある通り、山深ければ、谷深しということで、無用な為替介入などはすべき行為ではない。人為的な力が作用すれば、それが原因で歪んだ状況にもなりかねない。

中長期的なドルの緩やかな下落こそ、現実的なドル下落シナリオとして世界が受け入れるべきかもしれない。
短期的な動きには目をつむり、米国の体力回復を待ち、それに伴うドル下落・新たな通貨体制の構築を目指すことこそ将来の成長に繋がるのではないでしょうか。
ドル暴落シナリオ | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。