ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告2011年ドル円暴落説

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> 市場参加者とFX2011年ドル円暴落説

2011年ドル円暴落説

FX中級者くらいになれば、2011年ドル円暴落説は聞いたことがあるのではないでしょうか? 何かというと、1995年4月につけたドル円史上最安値 79.75円への回帰。為替相場は市場の需給によって、価格が波動のように動いていきます。


それは、5分のような超短時間であっても、1ヶ月・1年のような中長期の期間であっても値動きの幅に差はあっても、波動を形成するということに関して言えば、時間の長さに関わらず発生します。その大きな16年と8年波動の終着駅が近づいているということです。


そこで、2007年に始まった長期ドル円のダウントレンドが終焉するというシナリオです。 正確に時期を当てることは、誰にもできるはずはないですが、市場のエネルギーが長期で見た場合に下に引っ張られているのは事実です。


今年までのドル円為替市場を見ても、今のところ、95円すら回復できずにいます。100 円回復なんて、まだまだ先の話でしょう。 こういったマネーゲームはヘッジファンドの得意とするところです。ドルが騰がってきたところで、戻り売りを浴びせ再び、ドルを下落させることでしょう。


今のドル安も対円で言えば、X(エックス)デーが近づいてくるにつれ、勢いを増していくに違いありません。 何が何でも79.75円前後を実現させるのではないでしょうか?相場に絶対はありませんが、ドル安機運が高まる昨今の相場を見ると、真実味を感じずにはいられません。そのとき、日銀はどう対応するのでしょうかね?

市場参加者とFX | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。