ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。
トップ> スポンサー広告2012念3月最弱通貨のユーロ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> 2012年2012念3月最弱通貨のユーロ

2012念3月最弱通貨のユーロ

今年に入ってもギリシャ不安を引きずるユーロは最弱通貨として、下値を拡げた。
第二基軸通貨の弱体化で必然的にドルは高騰する流れとなった。


しかし、2月に入り、ドルの低金利の長期化が示唆されることで、ドルは再び下落することになった。だが、トレンドとしては、ドル暴落という流れは続きそうもない。
このドルの下落も3月初旬を目途に終息し、再びメイントレンドへの回帰がされるであろう。2012年3月は再びユーロを中心とした、為替相場が展開されそうである。


2月末から3月に入り、最も注目されるのが、日本の円である。
長期円高トレンドが終焉を迎えたようにも見え、ドルが高騰してきている。
日本の量的緩和の復活や本格的なデフレ対策など、中央銀行の対策が功を奏している。


3月はドル円がドルを押し上げる要因を作る可能性がある。
米国の株式市場もリーマンショック時の株価を上回り、現在は米国のマーケットは堅調を維持しているようにも見える。ギリシャ不安は一服しているが、再び再燃するのも時間の問題である。打開策を見出せないギリシャが早々にデフォルトするリスクも燻る。
連日のように欧州の格付けが下げられる中、地に堕ちた欧州の再建が2012年のテーマである。米国も嵐の前の静けさであるだけで、昨年の夏にあった、追加の米国債格下げもないとは言い切れない。


3月から再び始まるだろうユーロの暴落をきっかけに現実的な欧州再建へと繋がるかもしれない。


2012年 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。