ドル暴落研究サイト

ドル暴落ははたして本当に起こるのか。仮に起こるとすれば今私たちはどのような準備をすることができるのか。経済状況や歴史を振り返ってみるサイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
トップ> 世界不況債券バブル

債券バブル

債券バブルとまで日本の債券市場は言われています。。
これほどの市場の不透明感では、投資家も最も安全と言われる債券に投資せざるを得ず、債券市場に資金が流入しはじめてきます。


つい先日8月14日、米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長はFOMCにて、長期間に渡る低金利政策の維持を名言致しました。 そして、現在の経済の不透明性についても言及しており、世界不況再来を連想させております。


最近では欧米の『日本化』も懸念されてきました。
『日本化』って何かと言えば、失われた10年、近頃は20年なんて我が国の経済状態は言われております。
超低金利政策の継続・デフレ継続・国債をはじめとする債券への投資。


これにより、何が起きるか・・・。

我が国を見ればわかる通り、金利の低下であります。
米国の金利の低下が更に起きれば、相関性の高いドルは更に価値を落とし、ドル安へシフトしていくことになります。
ただし、前述した通り金利は既にかなり低く、債券市場も行き過ぎの状態でもあります。


また、低調な経済状況では株式への投資冥利も少なく、
今後は、世界全体が新興国の需要拡大と経済成長に頼らざるを得ない状況になるでしょう。


中国をはじめとする新興国は現在、急速に工業化が進んでおります。
仮に中国が世界経済を支えるとすれば、原油や鉄鉱石などの原材料いわゆるコモディティ投資に資金が流れる可能性もあります。


原油高や金の高騰で逆相関によるドル安は現在の市場でも起こっております。
今後、低金利で資金調達しやすいドルを元手にコモディティ投資の拡大で、
これまたキャリートレードの餌食にドルが陥る可能性があります。


債券・コモディティ投資と市場はより安全な方向に資金を逃がそうとしているのです。

世界不況 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。